入学金や受講料が高額である

デメリットの一つ目として挙げられるのは入学金や受講料など学習するための費用がどうしても掛かってしまうということがあります。最近よく聞かれるようになってきたオンライン英会話であったり、独学で学んだりするよりははるかにお金がかかるということがあります。
英会話学校に行くときに一番懸念するのがお金の問題ではないでしょうか。自分の貯金などで賄いきれないということであれば、ローンなどを利用するということになります。この時に考えてもらいたいのはこれからかける費用の分だけその英会話学校が利用価値があるのかどうかを見極める必要があります。

学んだ気になってしまう

デメリットの二つ目として挙げられるのは英会話学校で学ぶということに対してどうしても学んだ気になってしまうということがあります。学んだ気になるということは、英会話学校で学ぶだけで満足してしまうということにつながってきます。そのため、英会話学校に行っている割には全然自分が思い描いた通りに英語を習得できていないというような人が出てくるわけです。
英会話学校に行った割には英語ができないという人の多くは、もともとの英語力の基礎が全く足りていない人か、学校に行くだけで英会話が身につくという風に思っている人のどちらかということになります。そういう風にならないためにも何のために高額なお金を出して英会話学校に行っているのかということをもう一度考え直した方がいいです。

英会話学校の都合に左右される

デメリットの三つ目として挙げられるのは英会話学校のロケーションやレッスンの時間帯、カリキュラム、学校自体のシステムなどに左右されることになります。自分が行っている英会話学校のシステムなどがフレキシブルに対応してくれればこちらとしても都合が合わせやすいですが、そうでないとすると何かあった時には都合が合わせづらくなるということになります。
例えば、仕事でどうしても残業しないといけないという時にはその講座をキャンセルしないといけないわけですが、そのキャンセルした講座の補講はどうなのかとか、やむを得ずキャンセルをした時の体制がどうなのかとかなどのキャンセルの仕組みなどを確認しないといけないということになります。